【住宅ローンの悩み】任意売却無料相談窓口にご相談を

任意売却


(住宅ローン相談ならこちら)

住宅ローン金利が上昇局面に

日本銀行の金融緩和策の一部修正により、住宅ローン金利が、年明け以降、一部で引き上げが見込まれる。長期金利の上昇を認める上限を従来の0.25%から0.5%に引き上げたため、1月以降は固定金利が上がるのは間違いないなどの声が相次いでいる。

実際に、北海道銀をはじめ、住宅ローン固定金利は一斉に引き上げられ、9年半ぶりの高水準となった。

長期金利が上がると、住宅ローンの固定金利に連動する。新たに固定金利で住宅ローンを組む人の金利が上がるということ。マーケットでは、今年は少なくとも0.1%は上がるだろうと言われている。最終的には、固定金利が0.5%上がるだろうと予測もある。

仮に、今年1月に35年ローンで3000万円の固定金利のローンを組むとするとどうなるのか

総額で70万円程増える。35年じわじわと取られていくが、毎月に換算すると1400円くらいで大した額ではない。

最も大きな影響は変動金利

ただ、長期金利が上がった後、短期金利が上がる。短期金利は、変動金利で借りている人の住宅ローン金利をドンと上げる。

さらには4月、日銀の総裁が替わると、変動金利も上がる可能性がある。

35年3000万円をを変動金利で借りた場合、返済額はだいたい7万7845円だが、金利が0.1%上がると、7万9208円になる。

アメリカは現在、短期金利は5%。岸田総理が万が一アメリカ並みに短期金利を上げる“暴挙”に出ると、7万7845円の毎月の返済が、16万1104円になるとのシミュレーションも。

家計破綻の足音が聞こえる。

モゲチェックとは

モゲチェック住宅ローン新規借り入れ
項目詳細
サービス名モゲチェック
運営会社株式会社MFS
所在地東京都千代田区大手町1-6-1大手町ビル2階FINOLAB
公式サイト https://mogecheck.jp/

モゲチェックは、住宅ローンや借り換えを検討している方向けに情報を発信している住宅ローンの総合ポータルサイトです。住宅ローンのランキングや金融機関の口コミまとめなど、住宅ローン選びに役立つ情報が多く配信されています。

また、希望の返済プランなどをもとに、あなたにぴったりの金融機関を提案してくれるサービスもあり、住宅ローン選びをサポートしてくれるのです。


住宅ローンの借り換えはモゲチェック
◆モゲチェックとは◆ モゲチェックは、住宅ローンの見直しができるオンライン提案サービスです。 ご利用は無料、入力時間は5分で、 今よりも返済額が減らせる住宅ローンの提案を受けることができます。 ネットバンク、メガバンク、地方銀行などの主要金融機関からご提案をします。 結果はメッセージですぐに届き、 疑問やお悩みは住宅ローンのプロであるオペレーターと メッセージでやりとりできます。 通常ネットなどで公表されていない非公開の金利や、 見逃しやすい期間限定の金利などを含めてお得な住宅ローンをご紹介します。

<1> お客様の登録情報と銀行の審査基準をもとに、返済額が減らせる銀行をご提案

<2> 減らせる金額と「その銀行がなぜあなたにおすすめなのか」の理由がわかる

<3> よりおトクに借りるためのアドバイスも提示

<4> 利用は無料で、住宅ローンのプロにも質問・相談ができる

<5> 平均削減額は約210万円



 

 

住宅ローン金利が上昇局面に/モゲチェック

日本銀行の金融緩和策の一部修正により、住宅ローン金利が、年明け以降、一部で引き上げが見込まれる。長期金利の上昇を認める上限を従来の0.25%から0.5%に引き上げたため、1月以降は固定金利が上がるのは間違いないなどの声が相次いでいる。

実際に、北海道銀をはじめ、住宅ローン固定金利は一斉に引き上げられ、9年半ぶりの高水準となった。

長期金利が上がると、住宅ローンの固定金利に連動する。新たに固定金利で住宅ローンを組む人の金利が上がるということ。マーケットでは、今年は少なくとも0.1%は上がるだろうと言われている。最終的には、固定金利が0.5%上がるだろうと予測もある。

仮に、今年1月に35年ローンで3000万円の固定金利のローンを組むとするとどうなるのか

総額で70万円程増える。35年じわじわと取られていくが、毎月に換算すると1400円くらいで大した額ではない。

最も大きな影響は変動金利/モゲチェック

ただ、長期金利が上がった後、短期金利が上がる。短期金利は、変動金利で借りている人の住宅ローン金利をドンと上げる。

さらには4月、日銀の総裁が替わると、変動金利も上がる可能性がある。

35年3000万円をを変動金利で借りた場合、返済額はだいたい7万7845円だが、金利が0.1%上がると、7万9208円になる。

アメリカは現在、短期金利は5%。岸田総理が万が一アメリカ並みに短期金利を上げる“暴挙”に出ると、7万7845円の毎月の返済が、16万1104円になるとのシミュレーションも。

家計破綻の足音が聞こえる。



住宅ローンの見直しはモゲチェック

 

任意売却コンサルティング

任意売却とは、まだローンが残っている不動産を、債権者(ローンを組んでいる金融機関等)と相談の上、少しでも良い条件で売却することです。
通常、家を売ろうとすると残ったローンを全額返済しなければなりません。しかし、任意売却では債権者の同意を得た上で家を売り出すことができ、家の売却後はその代金でローンの返済を行います。引っ越し費用を捻出することも可能です。
任意売却を利用することで、競売という最悪の事態を回避できます。

住宅ローンの返済ができなく(難しく)なった場合、所有者は住宅ローンを滞納することになる。
・滞納が続くと住宅は競売かけて売却するか、任意売却をするという2つの選択肢を取る必要が出てくる。

〇競売の場合(競売:裁判所が強制的に家を売却するため、市場価格の7割程度とかなり安く売られてしまう)

・滞納1か月後 債権者(金融機関)などから催促の電話がかかる
・滞納2-3か月後 債権者から督促状が届く
・滞納4-6か月後 不動産を差し押さえされ、強制退去で競売にかけられる

〇任意売却の場合(任意売却:所有者の任意により、融資を受けた金融機関との合意の上売却できるため、良い条件で物件を売却できる)

・滞納4-6か月頃まで 上記競売が始まる前までに任意売却相談窓口に連絡
・相談・面談を実施し、お客様にとって最善の解決策を決めることができる。
・その後の金融機関や不動産の販売活動等はすべて当社に任せ、任意売却を完了させることができる。
※任意売却の手続きには1〜2ヶ月ほどかかるため、お悩みの方には少しでも早い段階でご相談頂けるとよい。

メリット
・任意売却は裁判所が強制的に行う競売と比べて高い価格で売ることができる
・弊社では任意売却で不動産を売却した後も、自宅に住み続ける「リースバック」という選択肢を選ぶことも可能
※実情としてリースバック希望の相談が多い

住宅ローン返済に困った人が急増しています/任意売却無料相談窓口

住宅ローンの返済は8人に1人が悩んでいる。
コロナによる収益の減少で住宅ローン破綻者が倍増しており、今も月3000件以上のペースで発生している。

商品の強み
・解決の事例も多数
・何度でも相談無料
・任意売却を伴うリースバックも可能
・電話、メール、LINEで対応可能
・口コミ、ランキングサイトで1位 ※指定エリアにて
・銀行が認めた方法で、住宅ローンが残った不動産も売却が可能
・弁護士、司法書士からのサポートもあるので安心

こんな困りごとに対応します/任意売却無料相談窓口

住宅ローンが払えなくなった人
競売開始決定通知が届いてどうすればよいか悩む人
老後のお金に困り、住宅ローンをなくしてリースバックをしたいと検討する人
教育費など出費が増え、住宅ローンの支払いが困難になっている人
住宅を売却してもその家に住み続けたい人


(住宅ローン相談ならこちら)

コメント