牧之瀬 雅明

禅の世界

自然とともに生きた昔は、時には月のように、時には松のように生きたいと願ったのです

強い風が吹けば、あたりの物は飛び散り、建物は揺れ動きます。けれども、天上に輝く月は、少しも動じることなく悠々と照り輝いています。
お知らせ

禅語「同事」とアフガンについて考える

アフガニスタンがタリバンに制圧され、逃げ惑う民衆の映像に衝撃を受けました。 そして、この言葉を感じました。それは「同事」という言葉です。 同事(どうじ) 【意味】 私たちは本当の意味で一人ではなく、同じ気持ち・同じ環境を...
お知らせ

クレジットカードのキャッシング機能が使えない時。2021年最新、お金の借り方

クレジットカードを持っているのに、キャッシング機能が使えない! そんなお困りの方がいらっしゃいます。「キャッシングが利用できないときの対処法」に関してお悩みの方が良くこの記事を読んでおられます。そういった方にオススメの借入方法はこちらです。
季節の花

青山緑水(せいざんりょくすい) 5月の禅語を紹介

草木が花を競い合った爛漫の春が過ぎ、新緑の映える初夏が近づいてまいりました。薫風瑞雲が漂う季節です。生命が躍動するこの時季は病を癒やす好機です。溢れんばかりの自然の生命力を身体の奥深くに取り込み、新型コロナウイルスに立ち向かいます。
お知らせ

春蘭  季節の花に人生を重ねて

清楚で気高い花、かぐわしい香り、蘭は自然の神秘を漂わせています。深山に自生したものを採取する以外に、実生で育てることが出来ないからです。そのため、古来より貴人が愛惜する花となりました。キク、梅、竹と並んで、四君子とも呼ばれてきました。
お知らせ

季節の花に人生を重ねて ツワブキ

季節の花に人生を重ねて (12月の花より)  ツワブキ 苦難を堪え、なおかつ糧にして花を咲かせる  ツワブキはキク科の常緑多年草で、日本だけに自生します。根出葉は長い柄を持ち、円形で基部が心臓の形になっています。厚...
お知らせ

季節の花に人生を重ねて ムラサキシキブ

・季節の花に人生を重ねて (11月の花より)  ムラサキシキブ  生命が脈々と受け継がれてゆく。他の力を借りてでも生きることは大事。 晩秋の山野を歩くと小さな紫色の丸い実が群がってなっている野生の木に出くわ...
お知らせ

季節の花に人生を重ねて リンドウ

秋の山や丘陵地で美しい青紫色の花がひときわ目を引きます。リンドウは秋の七草に入っていないものの秋の野草の中で最も色も形も趣に富んだ花です。青紫色のほかにも桃や白色もあり、筒状をした鐘形の花が特徴です。
季節の花

季節の花に人生を重ねて クズ 彼岸花

季節の花に人生を重ねて (9月の花より)  クズ(彼岸花)  不死鳥に似た生命力で、強く生きよと呼びかけてくる。 秋の七草のひとつ、フジやハギと同じマメ科の植物です。茎は6メートルを 超える長き蔓にり、一つの柄に3枚の大きな葉が付...
季節の花

季節の花に人生を重ねて 曼殊沙華(紅蓮華)

曼珠沙華は「紅蓮華にあたる」と日本国語大辞典に書か れてあり、「赤色(一説に、白色)で柔らかな天界の花。「これを見るものは おのずからにして悪業を離れるという」とあり、Lisaさんの歌う「鬼滅の刃」の世界観には、曼珠沙華のほうがピッタリでは?