パンダ堂当主 ミヤビ

龍宮舎利

【龍宮舎利】最大級の護身パワー、龍宮舎利をご存知ですか?

『龍宮舎利』とは洞窟寺院のひとつ「龍宮洞穴」と呼ばれる場所で、採取された天然石です。悟りの境地にたどり着いた高僧が究極の修行である「即身仏」となった場所で、そのため「舎利」の名前が付くのです。『龍宮舎利』は信仰心の篤いタイの国民の間でも龍宮舎利は特別な舎利石とされ、現代ではお坊様の念珠や、寺院などには献上品として納められるなど、価値のあるものとして大切に扱われています。
霊骨舎利

【龍宮舎利】よくある質問にお答えします

龍宮舎利について、よくある質問にお答えします。その希少性と色、形でお選びください
霊骨舎利

【霊骨舎利】究極の護身石

龍宮舎利のひとつで「霊骨」の名前が示すように、即身仏となった高僧の骨が石に“巻き込まれている”と信じられています。ファンタジーですが、原産地となるタイでは、広く信じられている伝説で、新規で手に入ることは稀で、天然石マニア垂涎の品です。
禅の世界

【禅語 逆風張帆(ぎゃくふうちょうはん)】 逆境の中に生きる

帆船が向かい風(逆風)にもかかわらず、敢えて帆を張る、の意。逆境に耐え、前に突き進もうと努力することで、道が開けるという、禅の言葉です。
霊骨舎利

【霊骨舎利・龍宮舎利のご案内】超レアなパワーストーンのご紹介

【霊骨舎利・龍宮舎利】舎利の意味とその御利益、さらにタイのお守りであるプラクルアンのご利益とその種類について説明します。
禅の世界

「星になれたら」(Mr.Children)の名曲

禅語「放下着」とは、執着を捨てろ!の意味です。決して「裸になれ!」の意味ではありません 下着を放る、と書くので、思わず真っ裸を連想してしまいますが、そうではありません。 「放下」「着」という字で別れ、放下はまさに「捨てな...
禅の世界

自然とともに生きた昔は、時には月のように、時には松のように生きたいと願ったのです

強い風が吹けば、あたりの物は飛び散り、建物は揺れ動きます。けれども、天上に輝く月は、少しも動じることなく悠々と照り輝いています。
禅の世界

禅語「同事」とアフガンについて考える

アフガニスタンがタリバンに制圧され、逃げ惑う民衆の映像に衝撃を受けました。 そして、この言葉を感じました。それは「同事」という言葉です。 同事(どうじ) 【意味】 私たちは本当の意味で一人ではなく、同じ気持ち・同じ環境を...
季節の花

青山緑水(せいざんりょくすい) 5月の禅語を紹介

草木が花を競い合った爛漫の春が過ぎ、新緑の映える初夏が近づいてまいりました。薫風瑞雲が漂う季節です。生命が躍動するこの時季は病を癒やす好機です。溢れんばかりの自然の生命力を身体の奥深くに取り込み、新型コロナウイルスに立ち向かいます。
季節の花

春蘭  季節の花に人生を重ねて

清楚で気高い花、かぐわしい香り、蘭は自然の神秘を漂わせています。深山に自生したものを採取する以外に、実生で育てることが出来ないからです。そのため、古来より貴人が愛惜する花となりました。キク、梅、竹と並んで、四君子とも呼ばれてきました。